::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::葉書

見慣れた文字のはがきが届いた。

名前も住所も書いていないけど、カズからだとすぐにわかった。

我が家に届いた初めてのアフリカからの便りは、短くも力強い文字がおどっていた。

20歳の時、タイの現地ツアーで一緒になった。
多くを語らなかったが、人参のような色のTシャツだけが印象に残っていた。

21歳の時、カナダのケベックのとあるバスターミナル。
野宿をしようと場所探しをしていたら、先約がひとり。
人参のようなTシャツを着ている。

1年ぶりの再会。
名前も知らなかったけど、すぐに彼だとわかった。

彼は、今世間的な大企業に別れを告げて、カメルーンで働いている。

当時に比べて、言葉が減って行動が増えた。

背中で僕を後押ししてくれる。

文字化けして読めないかもしれないだろう、異国でがんばるかずにありがとう。

Thank you brother, take care your soul.
Enjoy your life.



http://blog.livedoor.jp/kaz_15/
スポンサーサイト
日々のあれこれ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 みどりいろ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。